実情 意味。 「現状」「原状」の意味の違いと正しい使い方が分かる例文

「実情」と「実況」の違いとは?分かりやすく解釈

ただし、実際には「感情」の意味の時は、 「実情」そのものよりも「 真情」そのものを使うことの方が多いです。 特に社会人として活躍している方に関しては相手との信頼関係が非常に重要な存在になりますので、一般的な言葉の意味くらいは覚えておくようにする必要があります。

「鑑みる」という言葉の意味と正しい使い方

「即する」と「則する」の違い 「即する」と 「則する」の違いは、 「即する」は 「ぴったりと適合 適応 すること・時々の事態 状況 に合わせること」を意味していますが、 「則する」は 「ある事柄・規範・前提を基準にしてそれに従うこと 依拠すること 」を意味しているという違いになります。 つまり、「情」は内面的なありさまを表し、「状」は外面的なありさまを表している。

「現状」「原状」の意味の違いと正しい使い方が分かる例文

参考文献:文化庁編集「言葉に関する問答集」総集編 A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 実は、数ある同音異義語の中でも、「実情」と「実状」はなかなか区別しづらいのではないかと思います。

Next

「鑑みる」という言葉の意味と正しい使い方

読み方などに関しては全く同じなので日常的な会話の中ではそこまで使い分けに困ったりすることはないと思いますが、文章表現では違和感を覚える結果になる可能性があります。 関連: 関連: まとめ 以上、内容を簡単にまとめると、 「 実態」= 実際の状態や本当の様子。

Next

実態と実体の違いとは?意味や使い分けを解説

覚えておきましょう! 現状の使い方の例文! 意味を理解したところで、早速使い方の例文を見てゆきましょう。 日常的な会話の中で用いられる頻度としてはあまり多くはない言葉であり、どちらかといえば文章の中で表現されたりするような言葉の場合が多いです。

Next

4.4 商標の類否~商標権侵害の考え方

「情(心のはたらき)」がある。 「共同体の慣習に則する」 「則する」の使用例として、 「共同体の慣習に則する」があります。 以上ご参考までに。

Next