敵 に 塩 を 送る と は。 敵に塩を送る (てきにしおをおくる)とは【ピクシブ百科事典】

ことわざ・敵に塩を送るの意味や由来を解説!語源の上杉謙信と武田信玄の逸話は真実の実話?

同年、謙信は氏康との越相同盟も締結している。

Next

「敵に塩を送る」の意味とは?類語、誤用や本当の事実、例文や英語を紹介!

私が何歳かなぁ?っていう時から知っている言葉ですけれど、 事実だったんだぁって思った時はびっくりしました。 つまり、先述した軍記の作者である片島武矩が、『謙信公御年譜』を参考にこの逸話を書くことはなかったはずである。

Next

「敵に塩を送る」本当にあった? 上杉謙信と武田信玄、美談の真相は

ただしここでは 今川氏真と北条氏康ではなく、 織田信長と氏康が塩留めを実行するなど、部分的には、ほかの記録と相違するところがある。 犬猿のライバルが上司に怒鳴られていた。

Next

敵に塩を送るの意味,由来,使い方,類義語,慣用句,ことわざとは?

「相手を利する」の意味と例文 「敵に塩を送る」の類義語で「敵を有利にさせる」という意義のある言葉は「相手を利する」「相手の得になる」「敵に味方する」があります。 塩送りの逸話は、江戸時代の近世から明治昭和の近代まで、どれも一貫して次の内容のようにされている。

Next

武田信玄と上杉謙信「敵に塩を送る」逸話は本当?

将軍就任を望む 足利義昭も、謙信にかれらと和睦して上洛するよう要請していた。

Next

敵に塩を送るとは

「さるもの」は「然る者」と表記し、「さすがな人」といった意味になります。