金融 分野 における 個人 情報 保護 に関する ガイドライン の 安全 管理 措置 等 について の 実務 指針。 第8回:金融分野における個人情報保護に関するガイドライン(案)の解説

金融分野における個人情報保護に関するガイドライン(案)」及び「金融分野における個人情報保護に関するガイドラインの安全管理措置等についての実務指針(案)」に関する意見募集結果について(個人情報保護委員会)

また、委託先が再委託を行おうとする場合は、委託を行う場合と同様、委託元は以下の事項を行うことが望ましいです。

Next

金融分野における個人情報保護について : 金融庁

「社会的身分」と「門地」 「要配慮個人情報」の「社会的身分」は、ある個人にその境遇として固着していて、一生の間、自らの力によって容易にそれから脱し得ないような地位をいいます。 漏えい等の事案に係る個人データまたは加工方法等情報を第三者に閲覧されないうちにすべてを回収した場合• 暴力団等の反社会的勢力情報、疑わしい取引の届出の対象情報、振り込め詐欺に利用された口座に関する情報及び業務妨害行為を行う悪質者情報の提供者が逆恨みを買うおそれがある場合• 本ガイドライン1条4項でも「特に、認定個人情報保護団体においては、法改正により、認定個人情報保護団体が対象事業者に対し個人情報保護指針を遵守させるために必要な措置をとらなければならないこととされたことを踏まえることも重要である」と、この点が明記された。

金融分野における個人情報保護に関するガイドライン(案)」及び「金融分野における個人情報保護に関するガイドラインの安全管理措置等についての実務指針(案)」に関する意見募集結果について(個人情報保護委員会)

金融分野における個人情報取扱事業者は、法第 23 条に従い、第三者提供についての同意を得る際には、原則として、書面によることとし、当該書面における記載を通じて、• また、金融分野においては、金融庁長官が「金融分野における個人情報保護に関するガイドライン」および「金融分野における個人情報保護に関するガイドラインの安全管理措置等についての実務指針」を定め、これらの中において金融機関が講ずべき安全管理措置を定めていました。

Next

FISC 金融情報システムセンター:ガイドライン検索システム

新たな金融分野ガイドラインにおいては、「機微(センシティブ)情報」が、『要配慮個人情報並びに労働組合への加盟、門地、本籍地、保健医療及び性生活(これらのうち要配慮個人情報に該当するものを除く。 今後、現金融分野ガイドラインを廃止し、金融分野ガイドライン案等が個人情報保護委員会と金融庁の連名による新たな告示として制定される予定である。 経済産業分野における個人情報保護ガイドライン説明会(平成26年12月)(参考資料) 特定分野ガイドライン• この条における「従業者」とは、個人情報取扱事業者の組織内にあって直接又は間接に事業者の指揮監督を受けて事業者の業務に従事している者をいい、雇用関係にある従業者(正社員、契約社員、嘱託社員、パート社員、アルバイト社員等)のみならず、事業者との間の雇用関係にない者(取締役、執行役、理事、監査役、監事、派遣社員等) も含まれる。

Next

FISC 金融情報システムセンター:ガイドライン検索システム

他方、旧・金融庁ガイドライン、金融分野ガイドラインのいずれにおいても「機微(センシティブ)情報」については、原則として、取得、利用または第三者提供のいずれも禁止されます。

Next

「金融分野における個人情報保護に関するガイドライン(案)」及び「金融分野における個人情報保護に関するガイドラインの安全管理措置等についての実務指針(案)」に関する意見募集について|e

すなわち、後述の例外事由に該当する場合を除いては、「取得、利用又は第三者提供を行わないこととする」(本ガイドライン5条1項柱書)とされているのである。 源泉徴収事務等の遂行上必要な範囲において、政治・宗教等の団体若しくは労働組合への所属若しくは加盟に関する従業員等の機微(センシティブ)情報を取得、利用又は第三者へ提供する場合• 当社の預金の受入れ• (1)事業者内部における報告及び被害の拡大の防止 責任ある立場の者にただちに報告するとともに、漏えい等事案による被害が発覚時よりも拡大しないよう必要な措置を講ずる。 従業者の監督(個人情報保護法21条、GL(通則編)3-3-3) 個人情報取扱事業者は、その従業者に個人データを取り扱わせるにあたって、個人情報保護法20条に基づく安全管理措置を遵守させるよう、当該従業者に対し必要かつ適切な監督をしなければなりません。