特定 建設 業 許可。 一般建設業許可と特定建設業許可を両方維持するときの注意点

「大臣と知事」許可、「特定と一般」許可の違い

知事許可を取得していても、他県に営業所を開設した場合は新たに大臣許可を申請します。 施工体制台帳の記載事項は、建設業法施行規則14条の2を参照。

一般建設業許可と特定建設業許可の違いをわかりやすく説明します!

) 特に 「どの業種で許可を取れば良いのか?」や 「許可が取れるのかよくわからないので診断して欲しい」など、気になる点はお気軽に ください。

Next

特定建設業許可の許可要件のポイント

『一般』建設業許可の場合、基本的に新規申請時に 500万円の自己資本があることを証明できればそれでOK!(多くの場合、残高500万円以上の『預金残高証明書』を提出します。 建築一式工事や特定建設業についてわかりにくい点や確認されたい事項がございましたら、お気軽にお電話・メールにてお問合せください。

Next

特定建設業許可、よくある勘違い

令3条の使用人は経営業務の管理責任者のように一定以上の経営経験は求められません。

建設業許可における一般・特定の違い

国及び都道府県の全ての許可及び経営事項審査等情報については、国及び都道府県で共有するとともに、相互利用できることとして位置付け、個人情報を利用又は提供する場合においては、国において都道府県知事の許可及び経営事項審査等情報に含まれる個人情報を利用又は提供する場合については、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律 都道府県において国土交通大臣及び他の都道府県知事の許可及び経営事項審査等情報に含まれる個人情報を利用又は提供する場合については、各都道府県知事が定めた個人情報保護に関する条例に基づいて行います。

Next

【建設業の区分】特定建設業と一般建設業との違いとは!?

よって、新規申請時だけでなく、5年ごとの更新時にも財産要件をクリアしていなければなりません。 しかも 2年以上の経験が必要ですから、かなりハードルは高いです。

Next

建設業の大臣業者が本店と支店で許可業種を変える際の注意点

そこで、特定建設業許可がいずれ必要となる方が前もって準備できるように、また今すぐ特定建設業許可を必要としている方がスムーズに申請ができるように、特定建設業許可について、一般建設業との違いや、取得の要件、申請の流れなどを詳しく説明いたします。 専ら統計の作成又は学術研究の目的のために提供するとき• 届出なので、この時点で500万円以上の工事を受注出来ます。

Next

特定建設業の許可を得るときに増資するケース

建設業許可についてもっと詳しく知りたい方は. 主たる営業所と従たる営業所で異なる許可を取得したい場合には、まず会社単位で許可を取得しなくてはいけません。 管工事業 16. 営業所の新設には、その支店が請負契約を実際に結べる環境が整っていること(従たる営業所の3要件)を書類で証明することが求められます。