日本 小型 船舶 検査 機構。 本部・支部案内

船舶検査の概要

試験別• 検査の手続き、検査の内容、検査手数料等詳しい内容については、 最寄りの運輸局・運輸支局、海事事務所へお問い合わせ下さい。 湖 (沼、池を含む)またはダム、せき等で貯留された水域で50平方キロメートル以下のもの• _会津若松市、喜多方市、天栄村、北塩原村、西会津町、磐梯町、猪苗代町、会津坂下町、湯川村、柳津町、三島町、金山町、昭和村、会津美里町、西郷村 福島県の管轄区域図 地図. 栄養系• 告示で定める以下の湖 能取湖、屈斜路湖、風蓮湖、洞爺湖、小川原湖、十和田湖、浜名湖、穴道湖• 中間検査 定期検査と定期検査との間に受ける比較的簡易な検査です。 平成17年度末現在、JCIにおける検査対象は約456千隻となっている。

Next

小型船舶検査について

外部リンク [ ]• 船舶所有者の皆さまへ 船舶所有者は、その船舶を航行させる場合、船舶の安全性を確保するために、船舶安全法に基づき定期的に検査を受けることが義務付けられています。

Next

本部・支部案内

4 上記手数料には、登録事項証明書を郵送で申請した場合の返信用郵送費は含まれておりません。

Next

日本小型船舶検査機構

長さ5メートル未満、5馬力以下• エンジンを有さない長さ12m未満の帆船 (ただし、国際航海に従事するもの、沿岸区域を超えて航行しな いもの、危物バラ積船、特殊船及び、客船の運送を行わないもの)• 募集職種 程度 応募締切日 1次試験日 案内 登録測度事務職員、小型船舶検査員、小型船舶用原動機放出量確認等業務員 大卒 短大卒 2020年6月30日 - 登録測度事務職員、登録測度事務職員 経験者 、小型船舶検査員、小型船舶検査員 経験者 、小型船舶用原動機放出量確認等業務員、小型船舶用原動機放出量確認等業務員 経験者 大卒 短大卒 2020年5月15日 2020年5月22日 2020年9月25日 - 登録測度事務職員 経験者 、小型船舶検査員 経験者 、小型船舶用原動機放出量確認等業務員 経験者 - 2020年1月17日 - 登録測度事務職員 経験者 、小型船舶検査員 経験者 、小型船舶用原動機放出量確認等業務員 経験者 - 2019年5月24日 2019年9月27日 - 登録測度事務職員、小型船舶検査員、小型船舶用原動機放出量確認等業務員 大卒 短大卒 2019年5月13日 - 登録測度事務職員 経験者 、小型船舶検査員 経験者 、小型船舶用原動機放出量確認等業務員 経験者 - 2018年10月26日 - 登録測度事務職員、小型船舶検査員、小型船舶用原動機放出量確認等業務員 大卒 短大卒 2018年5月14日 - 管理業務担当職員 総務、人事、経理等 大卒 2018年5月7日 -. お知らせ•。

手数料

船の長さ 3メートル未満 ジェットスキ- 3メートル以上~ 5メートル未満 5メートル以上~ 10メートル未満 10メートル以上~ 20メートル未満 検査の種類 定期検査 手数料 11,600円 16,700円 24,300円 30,700円 申請・立会料 15,750円 18,900円 合計 27,350円 32,450円 40,050円 49,600円 中間検査 手数料 5,100円 8,200円 14,900円 19,200円 申請・立会料 15,750円 18,900円 合計 20,850円 23,950円 30,650円 38,100円 臨時検査 手数料 4,900円 5,600円 6,600円 申請・立会料 18,900円 合計 23,800円 24,500円 25,500円. 使用するライフジャケットにはJCI(日本小型船舶検査機構)のマークがついてないと使用できないのでしょうか? ご回答の方よろしくお願いします。

「日本小型船舶検査機構」に関するQ&A

ただし、 エアクッション艇や 水中翼船などの特殊な船舶は、 国土交通省が検査しています。 湖 (沼、池を含む)またはダム、せき等で貯留された水域で50平方キロメートル以下のもの。 岩手県及び秋田県の管轄区域図 宮城県 県内全域 山形県 県内全域 従前から仙台支部が管轄している市町村は変更ありません。

日本小型船舶検査機構

九州・沖縄地方. 日本船舶は、地方運輸局等で登録して船舶国籍証書の交付を受けたあとでなければ、航行することは出来ません。

Next

日本小型船舶検査機構とは

中間検査には、第一種、第二種及び第三種中間検査の種別が有り、船舶の総トン数や用途により検査内容が異なります。 その他の資格• JCIが作成した振込用紙をご利用する場合 (郵便局の場合) 郵便振替払込受付証明書 (銀行の場合) 手数料払込証明書• 5 小型船舶を譲渡するときに、譲渡証明書を譲渡人に交付しなかった場合。 国土交通省では、 総トン数20トン以上の船舶を対象とした検査を行っています。

Next