東武 60000 系。 東武50000系の51008Fが本線に転属してきました。

車両紹介|東武鉄道公式サイト

近畿車輛製の車両が東武鉄道に導入されるのは、本事例が初めてである。 鎌ヶ谷駅では柏方向は上り坂を上がってくるため入線速度が低くなることが多く、バッチリ撮れる確率が高い。 床材は対策・安全対策から滑りにくい製のグレーの床材を採用し、座席前と中央部で濃淡をつけてフットラインを表した。

Next

【東武】10000系初のワンマン転用!? 11201F,11202F改造着手

参考:10000系列の形式別編成数 2両 4両 6両 8両 10両 10000系 4 なし 9 2 4 10030型 なし 18 14 なし 2 10050番台 18 11 18 なし なし 10080型 なし 1 なし なし なし 東上線への電撃転属をするも…… 東上線では、副都心線開業のダイヤ改正となる2008年6月改正にあわせ、地上運用の全車両10両編化が実施されることとなりました。

Next

【東武】東上線→本線転用⁉︎ 50000系51008Fが南栗橋へ転属か

2014年度増備車。

東武鉄道は野田線に60000系を投入しますが、伊勢崎線、日光線等...

これからの野田線の主力としての活躍が期待される。

Next

東武アーバンパークライン60000系だらけ・RAILRAILRAIL・鉄道写真

容量は200 kで、架線からの直流電源を交流440 ・60 に変換する。 方向幕が白LED化され、ヘッドライトもLEDに交換された。 柏方には優先席と車椅子スペースが設置されている。

Next

東武50000系の51008Fが本線に転属してきました。

ラッシュ時のみの運河行。 6連トップナンバーも転属してきた。

Next