第 弐拾 話 心 の かたち 人 の かたち。 人の価値第弐拾話

日向マコト

レイが生きていることをゼーレが知ったら厄介なことになると冬月が忠告する。 行為の最中に8年ぶりのプレゼントだと、加持からカプセルを渡される。 。

Next

第弐拾話 心のかたち 人のかたち

との決着のために旅立とうとするゲンドウにこう言い、同行の意思を示す。

Next

日向マコト

シンジ:みんなも乗れ、って言ってるんだ、父さんを…僕を捨てた父さんを見返してやるんだ! 10年前に実験済みのデータよ。 面倒事となると、からきしダメだからな」 ゲーム『碇シンジ育成計画』、ラストにて。 冬月コウゾウのモデルは声優を担当している清川元夢です。

Next

第弐拾話 心のかたち 人のかたち 新世紀エヴァンゲリオンの感想

EVAって何なのよ! 」 そう・・・主モニターに映されたのは拡声器を手にシンジに呼びかけ続けるレイと、 ケイジの隅で折りたたみ式の椅子に座り、これまた呆れた顔をしているアスカだった。 シンジは、深き闇の中で、自らの存在理由を自問する。

Next

新世紀エヴァンゲリオン 第23話「涙 / Rei III」あらすじ

【第弐拾四話「最後のシ者」】 アスカは精神汚染から戻らず、レイは三人目になり、友人を全て失い途方に暮れるシンジ。 シンジ:いや、違う… シンジ:そうだ、お母さんの匂いだ… ゲンドウ:セカンドインパクトの後に生きていくのか、この子は。 目の前に浮かび上がった光景に、ミサトとシンジは言葉を失う。

新世紀エヴァンゲリオン 第20話「心のかたち 人のかたち / WEAVING A STORY 2:oral stage」あらすじ

フィールドを展開させる。 レイ:碇君。 『MX』では新しい職場での上司。

Next

新世紀エヴァンゲリオン 第弐拾話「心のかたち 人のかたち」

自分の存在意義を賭し、使徒迎撃に出撃するアスカ。 ミサト:これも誰かの意志だって言うの? 「何よ、これ!?」 ミサトが叫ぶ。 現に彼の自我イメージがプラグスーツを擬似的に実体化させているわ。

第弐拾話 心のかたち 人のかたち 新世紀エヴァンゲリオンの感想

状況の悪化に危険を察知した赤木博士がサルベージの中止を指示するものの・・・ 第二発令所の主モニターには、内側からの圧力に耐えられなくなりLCLが強制的に排出されるエントリープラグが映し出された。

Next