テセウス の 船 原作 最終 回。 【テセウスの船】最終回ネタバレ、心や加藤のその後。原作第10巻

「テセウスの船」10話(最終回)感想!タイトル回収完了!

佐々木紀子が亡くなったことで落ち込む心を励ます由紀 「由紀・・・」って呼ばれた後の由紀の表情がグッと変わる感じ。 漫画では加藤みきおがオレンジジュースを持って木村さつきの病室に訪れたのち、 両目の目玉をくりぬいて殺害している。 そして、突然の霧に包まれると、目の前に小学校が建っていて、事件が起こる直前の1989年(平成元年)にタイムスリップしていました。

Next

テセウスの船の真犯人、最終回の結末に批判も?賛否両論!ネットの反応まとめ!

由紀は生きていて心と結婚していなかった 自宅に戻ると妻の由紀や子供の写真が消えていたため、由紀の実家に尋ねていく心。 中には結婚指輪とともに家系図が…! ここで文吾は初めて知る。

Next

【テセウスの船】漫画原作の最終回ネタバレ!真犯人の加藤みきおの動機について考察

思わず、おまえかいと突っ込んでしまった。

Next

『テセウスの船』10話のネタバレ感想!心の兄が澤部に成長!最終回に最大のミステリー?

体育の授業でスキーを行ったが未経験の主人公・心がこけて腰を痛める描写は漫画のみ。 当時、村の警察官だった 佐野文吾(主人公の父親)が犯行に使用された青酸カリを所持していたため、事件の犯人として逮捕され、死刑判決が下ります。

Next

テセウスの船伏線で矛盾が多い!最終回はつまらないという感想も

1月22日:金丸刑事が崖から転落して死亡 金丸の目線からして大人の犯行なので田中正志です。 驚く心!この時、心ははじめて2017年のみきおが自分と一緒にタイムスリップしてきた事を知った。

Next

テセウスの船の真犯人、最終回の結末に批判も?賛否両論!ネットの反応まとめ!

原作との違いはあるのかについて、次で紹介していきたいと思います。

Next