プジョー 208。 プジョー208の乗り心地は果して良いの!?試乗した体験を報告!

2019年 プジョー 208 Peugeot 208 e

プジョー208はどのようなモデルとなるのか、エクステリアやインテリア、パワートレインなどをチェックしていきましょう。 正式な値段は発表されていませんが、先代のプジョー208が199万円からでしたので、200万円~250万円の間になるのではないかと考えます。

プジョー・208

その分コストは高いです。 0Lディーゼルターボ• 照明付きバニティミラー• センターコンソール上部に埋め込まれているディスプレイのサイズは、約8インチ(約22センチ)と予想以上に横に画面で、見やすくそう探しやすいのがポイント。

2019年 プジョー 208 Peugeot 208 e

5Lターボの1種類で、スペックは以下のとおりです。

Next

プジョー208GTi(FF/6MT)【試乗記】 家族で使えるホットハッチ

運転に必要な情報を示すメーターはデジタル式、8速ATのシフトレーバーはワンタッチ操作可能な電気式です。

Next

プジョー・208

豊富なオプションが用意されているので、自分好みの装備を行うことができます。 1秒のスペックを誇ります。 ヘッドライトやテールランプには3つの爪が表現されフルLEDが設置 内装 最新i-Cockpitが採用「大型タッチスクリーン、ヘッドアップディスプレイ、小型ステアリング」 パワー トレイン バッテリーの容量が50kWhで後続時間が300km以上! 価格 350~420万円 2012年3月にスイスのジュネーヴ州で毎年開催されるモーターショーで発表され、それから約半年後の9月に欧州市場(フランス、ドイツなど)で販売開始。

Next

208(プジョー)のカタログ|中古車なら【カーセンサーnet】

2015年、プジョーは日本で5906台を販売し、外国メーカー車の登録ランキングで10位につけた。

Next

208(プジョー)の中古車を探すなら【グーネット中古車】|愛知県の中古車情報

高速道路や一般道での渋滞をなくし、事故を減らし、快適なドライブを提供することを目的に開発されたシステムで、現在多くのカーナビに搭載されているシステムです。 6 HDi 85kW 115PS のディーゼル3種類。

新型プジョー208はクラストップの品質を得たが、ブランド戦略で猫足は捨てた(carview!)

CMPの第2弾として登場したのがこのプジョー208だ。